父親を超えられない社会

データえっせい: 父親を超えられない社会
http://tmaita77.blogspot.jp/2015/10/blog-post_8.html

この筆者とほぼ同世代なので、全く同じことをつらつらと考えていたのだが、こうやって数値に出てしまうのはなかなか興味深いと思う。

私は祖父、父親もサラリーマンなのだけども、時々彼らの人生がどういうものだったのか考える。私自身が中年になった今、概ね先が見えてきたこともあり、比較もかなり容易になりつつある。

 

まず祖父の時代のサラリーマンというのは基本的にかなり上の階層だ。戦前は日本の半分くらいが農業だったのだから、乱暴に二つに分けたら資本家層の方に属するのだろう。

祖父は役人の肩書きをもらったりして徴兵を忌避したり、愛人に子供を産ませたりと、まあ大阪もそんなに悪くなかった時代を生きられた人だった。今でいうと会社役員クラスのようなイメージになる気がする。人口比で上から1割程度のところに入っているわけで、今の私からすると全く手が届かないレベルだ。

 

そして、父親団塊の世代の典型例だ。

役所には入れず、大阪の中小企業のサラリーマンとしては中の下くらいのところだったと思うが、自分の人生と比較して大きいのは、バブル時代の果実を一定のレベルで味わえたことと、不動産で損をしなくて済んだという二点に尽きると思う。

父親が定年退職した年に私は会社をリストラとなり、同じ年に二人して退職金をもらうハメとなった。そんな20代の終わり頃、私の月給はお飾りに部長にしてもらった父親の月給を超えていたのだが、彼のバブル時代と概ね同年代となった今、当時の年収には全く届かない。ここがバブルの凄さだと思う。

 

平均的なところでいうと、働き方や能力という面では、明らかに現代の方が高度で且つよく働いていると思われる。何より速度が上がっている中で働かざるをえない。ボラティリティも高いので、仕事を失うこともある。

昭和の時代、フジ三太郎という4コマ漫画が朝日新聞に連載されていたが、一時期J-CASTニュースに復刻して掲載されていた。これが当時のサラリーマン気質を最もよく表していると思うが、今見ると現代の職場とこれほど違うのかという気がして興味深い。まあ平均的なレベルでは気楽にやれていたのだ。

そして、大阪の郊外に狭い家を買ってなんとか損せずに済んだようだが、正直今の時代に家を買ったらきっちりと価値が下がっていくので、数十年後の時点で金銭的なメリットが得られるなんてことは考えられないだろう。

 

夏休み、メキシコから嫁の両親と親戚が来たので、AirBnBで湾岸のタワマンを1-2週間ほど借りてみた。住人を観察しながら思ったのは、この人たちはまあ資産家ではなく雇われ人で、一昔前は世田谷くらいに頑張って建売を買ったような位の層なんじゃないか、そして彼らは団塊の世代とほぼ同じことを繰り返してなんとかなると思っているのではないか、という感覚だった。

タワマンに住む人はお金持ちではない?
http://kanemochi.kyokasho.biz/archives/2160

局地的にここだけが昭和というかバブルというか、買っても損しないだろうという集団催眠のような状態になっていたので、実際湾岸のタワマンの中で住み替えて得をしているような人もちらほらと見かける。


が、今から頑張ってマネをしても遅すぎる。基本的に不動産は将来の収益価値ベースの値段に収斂していくし、私のような一般人までおこぼれに預かれるような可能性はほぼないと言っていいと思う。

そんなことから、今回のデータえっせいの回答のように私も「父親を超えられない」と答えるだろう。残念ながら、超えていない。そして祖父も超えられない。


3代続いてシュリンクしているのは哀しいところだ。

海外発券でフライトキャンセル!TripstaとかeDreamsはどんな対応?

最近航空券を買おうとするときは、とりあえずSkyscannerで横断検索して、後はLCCのサイトをいくつか見て概ね見当がつく感じなので、以前よりも色々と調べなくなった気がする。

Skyscannerの最安値はTripstaとかeDreamsなどが多く、グローバルでチケットを売っているような代理店に誘導されるケースが多い。大半の場合はそのまま発券された便に乗るだけだが、今回航空会社のスケジュール変更があったのでそれぞれどんな対応になったかをメモしておこうと思う。

 

この2社、「ネットで酷評」とか「ひどいサービス」などたくさんのネガティブ記事があるが、実際のところ手馴れた感じで変更してくれた。トラブル事例を探している人には申し訳ないし、日本の旅行会社の方が良いよという結論にはならなかったが、いろいろと微妙な違いがあることも事実なので、何かの役には立つかもしれない。


□購入

サイト上からそのままカード決済で購入。ユーロがBrexitで暴落したからか、メキシコ行きの最安値がヨーロッパ経由となっていた。行きは同行者と別々、帰りは同じ便で押さえる。

Tripstaはギリシャの、eDreamsはスペイン・バルセロナの会社なので、それぞれの国で予約が入るのかと思ったら、eDreamsはイギリス発券のようだった。Tripstaはユーロ建ての請求、eDreamsは日本円でのカード請求となったので、その辺りの関係かもしれない。

Tripstaは予約で即発券とならず、多少のラグがあった。サイトでも48時間かかるケースがあるという案内がある。まず自社の予約番号のメールが来て、航空会社の予約番号とチケット番号が記載されたメールが20分後に来た。一方、eDreamsは予約で即発券、航空会社の予約番号とチケット番号が来た。


□予約の確認

予約の状況を調べるには、各航空会社のサイトにある予約確認のページを使えばいい。「1A2BCD」みたいなのとか、エールフランスだと「0571234567890」というような多少長い番号があったりするので、これと姓(Yamada)でログインする。ここで表示される旅程がオフィシャルなものだと思えばいいと思う。

エールフランスの場合、どの国のサイトでもログインできるが、情報の変更は発券国のサイトのみ可能ですという表記が出て、それぞれの国に飛ばされる。GBはイギリス、GRがギリシャとURLに出て、ここで国が分かる。

オンラインチェックインなどが便利になるとかいろいろ理由はあるが、まあ旅程を見て気分を盛り上げるためにも各航空会社のアプリを入れて、旅程を突っ込んでおくと良い。エールフランスのアプリは主にスト情報を通知してくるだけだったが(さすがフランスだ)、フライトのキャンセルも起動時にアラートが上がるような仕組みになっていた。

航空会社は概ね季節ごとのダイヤがあるがざっくり春夏と秋冬となるケースもあり、10月か11月あたりをまたぐと時間変更が発生するケースがある。今回、年末のメキシコ行きを6月に押さえたのだが、9月に変更情報が上がり、フライト便名も変わったことから、一旦便がキャンセル扱いとなったようだった。


□予約の変更:エールフランス

今回はアプリで表示された「コールセンターへの連絡」の番号が日本のものだったのでかけてみたが、基本的に日本では対応できないというだけ。あとで調べたら羽田便の便名変更もあったようで、日本側でも容易に状況の想像はつきそうなところだが、情報も特にくれなかった。まあ管轄外、ということなんだろう。

基本的に航空券の予約変更は旅行会社経由となる。場合によっては発行国の航空会社オフィスでも対応はしてくれるようだが、日本の問い合わせ窓口は全く対応してくれないことがわかった。


□予約の変更:Tripsta

Tripstaの問題は、サポートが英語となることと、チケットの購入時にサポートありかなしを選ぶ項目があり、今回は「有償顧客サポート: JPY0」を選んだことだった。

チケットのみが含まれる低予算サービス - 当初の予約から変更や追加をするつもりがないお客様向け。このサービスの選択により、顧客サービスは含まれないことになります。あらゆるリクエストは、乗客1名当り最低¥5,500の料金 (および航空会社のあらゆる追加料金) がかかることになります。起こりうる変更の例には次のものが含まれます。

と記載されていて、文字を読む限りでは有料となってしまう。

Tripstaの予約状況を航空会社のサイトで確認すると、行きは問題なし、帰りがメキシコシティからパリのフライトが表示されず、パリから東京のみ表示されている状態となっている。03から始まるサポートへ電話。英語のみの対応だが土日も24時間受け付けているらしい。

インドかな、という感じのサポートだったが、Tripstaと航空会社の予約が異なる状況はさらっと理解してもらい、メキシコシティ発は翌日の便、パリにも24時間以上滞在できる旅程を提案される。航空会社へ確認するのでメールで連絡するということで終了。
金曜の午前中に電話して、メールは月曜日の夕方に変更の確認を求めるメールが届いた。メールの署名にある名前で検索したら、Tripstaで働いているというLinkedInのプロフィールがあって、どうやらルーマニアブカレストでやっているらしい。土日は休みでヨーロッパ時間の朝から動くのだろうか。

問題ないと返信したら、数時間後には変更しましたというメールが来た。多少のラグはあったが、無事航空会社の予約情報にも反映される。追加の請求も(今のところ)なく一安心。


□予約の変更:eDreams

eDreamsはもう少し優秀な予約変更で、航空会社側の旅程ではメキシコシティから東京まで翌日の便で予約が入っていた。ただし、パリのストップオーバーが23時間から5時間ほどになってしまっていて、ほとんど滞在ができない。
Tripstaと同じ便にしてもらえることを第一希望として、こちらもサポートに電話する。

こちらは日本語のオペレーターに繋がる。ちょっと旅行会社の人の日本語は独特な感じがするが、そのレベルの違いしか感じず、「往路・復路」とかもさらっと話していたので、この時点では正直なところ日本人かどうかも分からなかった。
出発を6時間ほど繰り上げて、パリ滞在12時間程度の旅程を提案されるが、Tripstaの変更の話をして24時間以上の滞在をお願いしてみる。トランジットからストップオーバーになるので渋られるものの、航空会社に確認してみますとのことで、一旦電話は終了。

電話は火曜日の朝にかけ、翌日の昼ごろに航空会社のOKが出たと電話があった。着信の番号が+86で、中国からかかってきた。前回の人よりは中国人っぽい感じの話し方だが、十分丁寧でわかりやすい。
こちらも半日ほどのラグで航空会社の予約が差し変わっていた。

 


まあ海外に行くのは何かしら異なる経験をしたいからでもあり、交渉も旅行の一環みたいなものだろう。時間の余裕があって安いのであれば、積極的に使っていけばよいのではないかと思う。

支付宝で映画を見よう

Apple Payにはなんだか振り回された感じだったが、支付宝は見事に定着していて、なかなか便利なのに感心する。地下鉄のカードにチャージする機械も、支払い用のバーコードを読み取らせて、支払い完了。コンビニも手馴れた感じで支払いが済む。

 

支付宝の中に映画のメニューもあり、ちょうど良い時間潰しになりそうだった。入って作品を選ぶと、各劇場の値段が表示される。中国は日付と時間でチケットの値段が完全に異なる。近場で見てもいいし、少し遠めで安いところに行ってもいい。

サクッと支付宝で購入と支払いを済ませる。座席もサービスの中で選択できた。完了後はこのような感じで番号と2次元バーコードが表示される。

f:id:otsuka39:20160224004222p:plain

劇場ではチケットの引き取りとなる。チケットカウンターとは別で、各映画サイトが用意した引取機が置いてある。正直中国に劇場が何館あるのか知らないが、きちんと各劇場の座席予約システムとつながり、簡易に発券できるように機械を置かせてもらうディールを結んでいるところがさすがだ。

f:id:otsuka39:20160222132714j:plain f:id:otsuka39:20160222133225j:plain

よくこんな投資が出来るなあと、なんとなく身につまされる。投資とリターンを考えると、簡単に踏み切れる話ではない気がするが、中国のアプリビジネスへの投資額は大きく、市場はどんどん便利になっているので、ここまでやり切れるのだろう。

チケット代は35元に1元のサービス代。劇場で購入する場合、定価90元、会員価格35元と表示されていた。

今回は支付宝をやっているアリババグループ、淘宝电影経由だ。そこに先ほどのバーコードか番号を入力すると、チケットが出てきた。

f:id:otsuka39:20160222133626j:plain

 

見たのはチャウ・シンチーの「美人魚(マーメイド)」。公開後2週間ほどで485億円突破と、中国最大のヒットとなったそう。

まあアホらしい映画ですが、言葉が分からなくても楽しめるので良いかと。


美人鱼 Mermaid (2016) 中文预告片

中国でApplePayを使ってきた

Apple Payが中国で始まった。アメリカ、イギリスの銀行口座開設は旅行者には難しいし、カナダとオーストラリアはAMEXだけのサポート。一方、中国ではパスポートと携帯番号さえあれば誰もが口座を開設できるので、旅行者でもApple Payが気軽に使えるようになる。

 

SIMカードに関しては、空港でも街中でも店は山のようにある。身分証が必要で、中国人が持つ「身份证」が必要と言われて断られるケースもあるが、外国人が多い場所であればパスポートでやってくれる。マニアならTaobaoで謎のSIMカード「0月租手机卡」を買って見たり、「二手手机市场+地名」で検索して出てくるような場所へ行って聞いてみれば、いいのが見つかるはずだ。

中国もMVNOがそこそこ流行っているようで、安いプランのものがあったりするのだが、残念ながら国際ローミングができず、日本で使う決済用途にはあまり向いていない。通常のキャリアのSIMなら大丈夫だろう。

 

あとは銀行に行って、口座を開こう。ICチップのついたカードをその場でくれるので、暗証番号は6桁、住所はホテルにしておけばOK。武漢でも上海でも最低限の英語でなんとかなる。

 

iPhoneの設定も簡単で、設定の一般>言語と地域でアメリカを選ぶと、設定TOPに「WalletとApple Pay」という項目が出てくるので、ここから設定する。

カード番号を入れると、銀行で登録した電話番号にSMSが来るので、この番号を入れたら登録完了。画面にカードが表示される。これで準備完了だ。

f:id:otsuka39:20160223234221p:plain

Apple Payが使える場所はコンビニやらファストフード、コーヒーチェーンあたりだ。NFCの非接触支払いでは、QuickPass(闪付)という仕組みがあって、これと互換性があるとのこと。以下のロゴが目印だ。

f:id:otsuka39:20160222125353j:plain

AppleStoreの店員に聞いたら、ウチでも使えるし、向かいのCOSTAとかで使えるよ!とのことで日本よりもはるかに高いコーヒーを渋々頼んでみるが、店員にダメと言われて使えなかった。
ファミリーマートもQuickPass端末があったのだが、どうも上手くいかない。地下鉄の駅の自動販売機もQuickPassで、iPhoneは反応するものの支払いでエラーが出て買えない。


結局もうだめかと諦めて空港で土産を買って、最後にもう一度試したら無事完了のマークが。どうもQuickPassだと単に銀行のデビットカード扱いになるようで、銀行の暗証番号を入力し、これで決済完了。なんだか全くスマートではない。

f:id:otsuka39:20160223234225p:plain

店員は誰一人成功すると思っておらず、どよめきが上がっていたが、まあ新しい物好きの中国人のことだから、あっという間に普通になるのだろう。

 

ということでApple Payはもうひと息という感じだったが、支付宝は想像以上に便利だった。次回に続く

「メキシコ系米国人・移民の歴史」

「メキシコ系米国人・移民の歴史」図書館で借りて読んだが、7,000円もするのかこの本。

メキシコを知るにつれ、日本では大抵のメキシコのイメージはアメリカからの借用が多くて、タコベルなんかのテックスメックス料理に始まり、ブリトーもどちらかというと北のほうの食べもの、シンコ・デ・マヨもメキシコシティではあまりピンとこないらしい・・と色々自分の中のイメージが変わった経験がある。

 

まあだからと言って視点からアメリカの影響を排除すればいいかというと、ブリトーに象徴されるように、メキシコも大きな国なのでエリアによって当然それぞれ違い、北のアメリカ国境地帯に近いカルチャーはかなり異なる。そもそも全体的に、日本と比べてよっぽどアメリカナイズされている生活なのは間違いないので、あまり現実的でもない。

音楽なんかが最も先端的で、ラティーノ音楽は人的才能を移民から、主に産業基盤や流通はアメリカを一旦挟んで、中南米で流行るというダイナミックな動きをしている。

 

そういう意味では、アメリカのヒスパニックをもうちょっと知ったほうがきちっと意味がわかるだろうし、メキシコでの先住民への視線なんかにそのまま同化してもあまり良い行いとも言えない、という両者を揺れ動くしかない。

歴史的にアメリカの人種差別構造とメキシコの差別構造は全く異なっている点なんかがこの本でよく説明されているのだが、なかなか興味深かった。

福島(原発)観光

福島に行ってきた。
川俣町の川俣シャモ祭りと、地震メルトダウン後の浜通り見物。

メキシコ人の嫁に日本の何を見せようかと考えるのだが、日本人全体に感じる見て見ぬフリというか「なかったことにしたい」という願望も含めて、東京にいると正直福島の状況は非常に遠く感じるので、時折見学でもしておいた方がよいか、というところだ。

□■

川俣シャモは以前一度南相馬に行った時に食べて妙に美味かったこともあり、今回検索していたらちょうど祭りをやるということで立ち寄ってみることに。
川俣町の一部は国の「居住制限区域」にも指定されているのだが、放射能検査なんかの結果もサイトに記載されていて、問題ないとのこと。私は喜んで食べますよ。

 

ちなみに「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」「帰還困難区域」というのが国の定めたエリアの状況で、ここに載っているものが最新のようだ。

主に入れないのは浪江町双葉町大熊町。しばしば被害の映像で見た富岡町を含めて、楢葉町広野町あたりは特に問題なく入れる。今は近い所では福島第一原発から5kmくらいのところへ行けるということだ。

相馬市からいわき市までの迂回方法はここにあって、この地図が検問の状況としては非常に分かりやすい。今回川俣から葛尾、田村、川内村を抜けて県道36号線で常磐富岡ICの辺に出ようと思ったが、このルートは浪江町に入るので、検問で通行不可ということだった。

■□

実際に行ってみると、エリアは巨大な工事現場となっているような印象だった。作業員を乗せたミニバスがひっきりなしに通行していて、活気はある。昔コンビニだったと思しき店舗が建築会社の事務所になっていて、なんだか複雑な感慨にかられる。

作業自体は「除染作業」と言われるものが主なようで、道路のアスファルトをはがして再舗装したり、土を集めて黒い巨大なゴミ袋につめて、様々な場所にまとめて置いてある。

除染作業員募集の看板はいくつか目にしたので、まあ仕事自体はたくさんあるようだ。

 

土日も問わず作業は続いているようで、夕方の五時半頃の道路は工事関係者と思しき白の車ばかりが目立ち、いわき方面への帰宅ラッシュが続いていた。いわき市に入ると車の色がカラフルになり、少しホッとする。

私も元工員で偽装請負として働いていたのでなんとなくピンと来るのだが、割に北海道ナンバーが多かったりとか、周辺の宿やプレハブなんかをみると、作業員が広く集められているのだろうなあと思う。
入れるところはコンビニなんかも営業していたが、やたらとアルコールとつまみが揃っていて、顧客層に最適化されていた。

 

ちなみに福島第二原発はまったく規制エリア外なので、門の近くの検問までは何の問題もなく近づける。大阪府警の人達が警備していて、一ヶ月単位で派遣なのだとか。

あとはまあ駅舎が流された富岡駅なんかも、よい観光地と言えるかなと。警官もケータイで写真を撮っていたので、自分も撮影してみた。帰りは、ならは天神岬温泉で温泉に入るのはどうでしょうかね。今なら無料開放中らしいですし、広野の火力発電所も不気味な感じでよく見えますよ。

f:id:otsuka39:20140830161013j:plain

■□

渋谷に戻ってきて、なんだかアメリカ人ばっかりのピザ屋で飯を食いながら遠さを嘆いてみてもなにもならないが、まあシャモは美味しかったなあ、と。メンチは大変オススメです。

Taiwan, A decade

f:id:otsuka39:20040425130308j:plain

f:id:otsuka39:20140319222109j:plain

台湾、電脳街として名高い光華商場近くのPCストリート。
パスポートが正しければ上の写真は2004年4月で、下がこの週末の光景だ。

あまり変わっていないなあと思うが、上の1枚を撮影したのはV801SAという端末で、当時ほとんど買う人がいなかったVodafoneの3G端末だ。国際ローミングができて、日本語のキャリアメールができた初めての端末になる。そして、下はNexus5での撮影。

 

思い出したがこの時に台湾に行った理由は、三洋製のPHSGSMデュアル端末が発表されたから買いに行く、という目的だった。今考えても呆れる。

ちなみに私がケータイに興味を持ったのは、Vodafoneが3Gを始めたことで、WCDMA+GSMの端末が出たということだったと思う。V−N701というのが最初の端末で、次に日本語が表示できないNokia6650を10万ほど出してSIMフリーで買ったのだった。

これらの端末はSMSのみ対応で、いわゆるケータイメールが出来ない仕様だったが、1年ほど経ってV801SAでやっとメールが利用できるようになる。

 

国際ローミング自体が日本人には目新しく、自身のSIMを差し替えGSMを掴むのを見て大変興奮した。各国のケータイ売り場は日本と全く異なるデザインの端末が並び、まさに異国だったことを思い出す。

そして10年後、ほとんど同じような端末が同じように売られるようになって、当たり前のように旅行者向けの無料Wifiスマホ使って、もうプリペイドSIMを頑張って買わなくてもいいか・・なんて感じであまり興奮しない、大変便利な環境を享受するのだ。

 

そして鉄道も一気にモダンになっていた。

JR九州のかもめあたりを彷彿させるシュッとした特急が走るようになったが、これも日本メーカーのもののようだ。10年前はステンレスの鈍重な感じの車輛だった。香港なんかと同じで、80年代ごろは南アフリカとかイギリス系の車輛メーカー、90年代はDaewooあたりの韓国系を経て、最近は日本メーカーが目立つ感じだ。

こんなサイトを見ると、台湾もなかなかマニアックだなあと思う。

 

10年前は中正空港で帰りの飛行機を待ちながら、空港の雰囲気もずいぶんとアジアの田舎都市という印象を受けたのだが、今回の松山空港でもなんとかそれなりにモダンになったなという感じだ。もちろん香港や仁川、北京といった大規模な空港からは相変わらず遠いのだが。

今も昔も台湾人は外に出て行く人達で、中国本土には100万人の台湾人が駐在していると言われるし、多国籍企業でも台湾の人に会うことは多い。覇気があるようなタイプはもうほとんど外に出て行ってしまったのだろうかと疑ってしまうくらい台湾の人達はおっとりしている印象で、これは前と変わらない感じだった。